TOP ▲

SJSK-JAPANのご案内

  

企業理念


グローバルビジネスへのサポート
〜多様性を生かした異文化共存のビジネスへ〜


グローバル化に伴い、国境を越え様々な国籍の人々が共に働く環境が加速化して広まっているにもかかわらず、人々の異文化(多様化)に関する理解がそのスピードに追いついていない現状があります。
これまでのただ単に文化的な違いに焦点を当てた研修ではなく、世界観や意識の違いを知り、その違いを受け入れ、共に共存できる社会の実現化が今後の研修の焦点になってきます。
多様化を脅威として捉えるのではなく、強みとして会社組織の中で生かしていくことが、グローバルビジネスを成功に導きます
そのため、今後においては、この多様性をいかしたビジネスを育成する異文化研修が益々大切なものとなってくるのです。


現在グローバル社会で求められていく人材


益々グローバル化が進み求められている人材は、ジェネラリストと呼ばれている人々です。ジェネラリストとは、広い知識を持った人を指す言葉で、企業などでは総合職に就いている人をこう呼ぶこともあり、彼らは 広く色々な分野に精通していています。 彼らの特徴として柔軟性と適応性があり、多様化が加速している現在、大変貴重な人材と言えるといえます。今後の異文化研修の中でも、その柔軟性と適応性に重点を置いた人材育成が求められてきます。一人一人がアイデンティティーを大切にし、国境を越えた架け橋となれるようお手伝いをしていきたいと思っています。

沿革

企業までの歴史


1992年に横浜でSJSKは誕生しました。SJSKはDas Seminar fuer Japanisch Kultur und Sprachの省略したものです。発足当時、在日ドイツ企業にドイツから派遣されてきた駐在員とそのご家族を対象に、異文化研修を行っておりました。当時内容は、日本での滞在中、ビジネスと生活を問題なくスムーズにしていただくために、日本語とその文化を中心としたものでした。 20年以上研修依頼を受け受講者達のニーズに合わせるごとく、研修は進化してまいりました。


大変実践的なプログラムだったために、その噂はあっという間にドイツコミュニティーに広まり、口コミで顧客層は広がっていきました。そのうちにドイツにまでSJSKの噂は広まり、日本に派遣されるドイツ人駐在員とそのご家族の研修を受ける方々は後をたたなくなってきました。


その内に在日ドイツ企業においてドイツに派遣される日本人の駐在員対象のドイツ赴任異文化研修を依頼されることも増え始めました。グローバル社会において人々の意識も変化し、日独間のビジネス関係も益々深まり、その形体も多様化しつつある中、そのニーズは今後ますます増えていくこととなると思います。異文化研修もその加速化しつつあるニーズの変化にどのぐらい柔軟に合わせていけるかが大切なポイントとなってくるでしょう。

代表ご挨拶


講師とプログラムの質で成果が決まります


Rieko Sonntag

代表: ゾンターク利枝子


横浜在住。
英語、日本語、ドイツ語をベースとしてビジネス活動をしている。
1992年より横浜にグローバル人材育成会社SJSK株式会社を設立。2009年に株式化。その後SJSK株式会社はグリーンハウスグループとなり、グローバリ人材育成会社以外にもグリーンハウス英会話スクール、グリーンハウスホリスティックアカデミーを立ち上げる。企業人・経営者。
それ以外にも大手外資系企業を中心に企業研修、セミナー、ワークショップなどでコンサルタント、トレーナー(研修員)、ゲストスピーカーとしても活動している。
著書
「素のままで」2017年文芸社より出版 (人生論、エッセイ、哲学分野)

グローバル人材育成SJSK 株式会社 代表取締役
グリーンハウス英会話スクール創設者、スクール代表
グリーンハウスホリスティックアカデミー創設者、アカデミー代表
SJSK株式会社シニアコンサルタント
KeSch International, Richardson, ON.DevelopmentGroup
認定シニアトレーナー/コンサルタン,DCA(ダイムラーアカデミー)認定シニアトレーナー,

Webサイト
http://sjsk-japan.com/ (SJSK企業コンサルティング)
http://sjsk-japan.com/greenhouse/(グリーンハウス英会話スクール)
http://sjsk-japan.com/holistic-academy/ (グリーンハウスホリスティックアカデミー)
https://riekosonntag.com/ (ゾンターク利枝子オッフィシャルサイト「風の色」〜あなたに出会う旅〜)


お問い合わせはこちらから

SJSK-Japan