TOP ▲

横浜市都筑区北山田3-26-2
受付時間:平日AM12:00~PM20:30
土 AM10:00~PM18:30

グリーンハウス英会話スクール

~子供から大人まで 英語が好きになる~
グリーンハウス英会話スクール
Greenhouse English School

横浜市都筑区北山田3-26-2
受付時間:平日AM12:00~PM20:30
土 AM10:00~PM18:30

MENU

みんなが英語が話せるようになってほしいから

本物を目指しているからこそ

 

「スキル」と「適正」を重視した講師選びと【こだわり】のプログラムを!

本物を目指しているからこそ

 

「スキル」と「適正」を重視した講師選びと【こだわり】のプログラムを!

グリーンハウスでは
「話させる英語教育指導法」を真剣に考えています

だからこそ成果を生み出す【こだわり】のプログラムと
大変スキルのある講師の発掘と研修に力を入れています。

国籍を問わず「スキル重視」の教師の発掘と育成を!
外国人だから教えられるという「外国人神話」にはまっていませんか?

20年以上この業界に従事し、オープン当初はネイティブの講師にこだわってネイティブの 外国人講師だけを中心に採用し、プログラムを進めてきました。
しかし、行っているうちに「大変違和感」を感じるようになりました。
学習成果を見た時に、多くのネイティブと言われている先生方のスキルと適性が追いついていない現状に気付いたのです。
多くの英会話スクールが、「生徒さん受け」がするとのことで、安易にネイティブということで雇っている現状があります。

その背景にはスクールを選ばれる方々の固定観念があるようです。


ネイティブの先生の方が発音がいい
ネイティブの先生の方が上手で安心
外国人に慣れさせたい
そのために、ネイティブ講師がいる学校にこだわっていらっしゃる方もいらっしゃるようです。

グリーンハウスでは
バイリンガルトレーニングを真剣に考えています
だからこそ成果を生み出す【こだわり】のプログラムと
大変スキルのあるネイティブ・バイリンガル講師の厳選と
研修に力を入れています。

グリーンハウスではバイリンガルトレーニングを真剣に考えています

外国人だから教えられるという「外国人神話」にはまっていませんか?

20年以上この業界に従事し、オープン当初はネイティブの講師にこだわってネイティブの 外国人講師を中心にプログラムを進めてきました。
しかし、行っているうちに「大変違和感」を感じるようになりました。
学習成果を見た時に、多くのネイティブと言われている先生方のスキルと適性が追いついていない現状に気付いたのです。
多くの英会話スクールが、「生徒さん受け」がするとのことで、安易にネイティブということで雇っている現状があります。
グリーンハウスでは、「本物を目指しているからこそ」ネイティブというので安易に雇うのではなく、「スキル重視」で先生を選んでいます。

「英語を話せるネイティブ」
  =「英語を教えることができる」ではありません

グリーンハウスでは、「本物を目指しているからこそ」ネイティブというので安易に雇うのではなく、「スキル重視」で先生を選んでいます。

英語を外国語として教えるためには、特別なスキルが必要になります。

1.まずは「母国語」としてではなく「外国語」として教えるスキル
2.そして、両国の文化的違いと言語的違いを理解し日本人にあった指導法
3.綺麗な発音

 

特に最初の2についてですが、これは、例えば、

日本人がいかにしたら話すことに導いていけるのか
日本人の生徒さんがどんなところがわかり辛く間違ってしまうのか
どのようにサポートして行ったらいいのかなど。


「英語を話せるネイティブ」
  =「英語を教えることができる」
ではありません

グリーンハウスではバイリンガルトレーニングを真剣に考えています

英語を外国語として教えるためには、ネイティブだけでは十分ではなく
特別なスキルが必要になります。

1.まずは「母国語」としてではなく「外国語」として教えるスキル
2.そして、両国の文化的違いと言語的違いを理解していること

(例えば、日本人の生徒さんがどんなところがわかり辛く間違ってしまうのか、 どのようにサポートして行ったらいいのかなどが、ほとんどのネイティブはわかりません)

日本の講師採用の現状


日本の現状は、「ネイティブ神話」に元づいた講師選びをしているスクールが多く、
これが、日本の英語教育がのびていない大きな原因の一つになっているようです。
ネイティブを完全に否定しているのではありません。
ネイティブの中にもそれらのスキルを持っている講師もいることでしょう。
しかし、ネイティブだからと言って「教えることができる」わけではありません。
また、現状ネイティブの講師の方々の中で上記2のスキルを持っている人に出会えるのは中々難しいです。

 

英語教育が進んでいる世界の講師採用の現状


ネイティブだからといって採用しているのは日本ぐらいで、
語学教育が進んでいるほとんどの先進国では、現地人のバイリンガルの講師を採用しているのが現状です。
それは、バイリンガルの講師のほうが、上記1から3のスキルを兼ね備えていることが多いからです。
そこでも外国語としての英語教育において、上記2のスキルが大変重要視されていることがわかります。


グリーンハウスの講師採用

「グリーンハウス規定に合格した」
「実力のある厳選された」バイリンガル講師

グリーンハウスでは、「話させる英語教育」に焦点を当てているため、国籍を問わず上記の1から3の基準をもとに厳選な講師採用をおこなっています。
その為、現状ではネイティブにこだわらず、「グリーンハウス規定に合格した」「実力のある厳選された」バイリンガル講師を中心としたプログラムにシフトしてきています。
また、採用後も高品質と向上改善を目指し講師の享受法のトレーニングとスクリーニングにも力を入れています。

「グリーンハウス規定に合格した」
「実力のある厳選された」バイリンガル講師

グリーンハウスではバイリンガルトレーニングを真剣に考えています

グリーンハウスでは、「話させる英語教育」に焦点を当てているため、国籍を問わず上記の1から3の基準をもとに厳選な講師採用をおこなっています。
その為、現状ではネイティブにこだわらず、「グリーンハウス規定に合格した」「実力のある厳選された」バイリンガル講師を中心としたプログラムにシフトしてきています。
また、採用後も高品質と向上改善を目指し講師の享受法のトレーニングとスクリーニングにも力を入れています。


グリーンハウスのバイリンガル講師の紹介

グリーンハウスが誇るバイリンガル講師陣は、平均的英語圏の現地人以上の英語レベルの持ち主達で、とても発音が美しいです。

Kyouko Inoue

上智大「比較文化国際教養学部」卒業(こちらは外国人や帰国子女の学部で授業は全部英語です)
英検1級、英語教諭歴5000時間以上 グリーンハウス教師養成トレーニング合格
帰国子女。英語日本語バイリンガル。アメリカ育ち。
8歳の頃お父様のお仕事の都合でアメリカに渡り17歳までアメリカで育つ。その後もアメリカと日本を行ったり来たりの生活。大学卒業後は、日米高度同時通訳の免許も取得。自らも英会話スクールを立ち上げて15年間以上バイリンガル教育に情熱を注いできた。グリーンハウスの精神に感動、共感し、2014年よりグリーンハウスで英語教育に携わっている

Keiko Kubota


早稲田大学「教育学部」卒業
英検1級、英語教諭歴5000時間以上
グリーンハウス教師養成トレーニング合格
帰国子女。英語日本語バイリンガル。
イギリスとオーストラリア育ち。20年以上海外に住んでいた。イギリスのグリーンカードを取得。
ゴールドマンサックス勤務を経て長年【こだわり】英語教育に携わることに。自らの子供も二人バイリンガルに育てた。

英会話スクールを選ぶポイントご存知ですか?

【プログラム】
✔ 予算に合っているか、プログラムの内容と料金は伴っているか。
✔ 即実践力につながるプログラムになっているか
✔ 長期的な視点でプログラムやカリキュラムができているか

【教師】
✔ 教師の質と指導力
✔︎ 教師の指導力・教授法育成の研修と定期的スクリーニングプロセスなされているか

【イベント】
✔ 文化的な理解や興味を深めるイベントは充実しているか

【サポート】
✔︎ 長く無理なく続けられる授業のサポートシステムが揃っているか
✔︎ 生徒さんの精神的なサポートや「やる気」を引き出せるプログラムになっているか
✔︎ サービス(サポート)&対応は充実しているか

【保護者へのフォロー】
✔ 保護者や生徒さんとのコミュニケーションがなされているか
✔ 保護者の方々の「子育て」サポートシステムは整っているか

【環境】
✔︎ 学校の設備や雰囲気

グリーンハウスでは、上記の条件が「全て」整っています

【当スクールの特徴】をご覧ください