「全ては自己愛から」

全ては自己愛から

IMG_0996

野の花は四季の風雪に耐えながら、毎年美しい花を咲かせ私たちの目を喜ばせてくれます。美しい花は、行き交う人が見ても見なくても、凛として美しく咲き、目にする人の心をも優しく包んでくれます。思わず溢れる微笑み。これ以上の愛があるでしょうか。まさに、自然はその存在で私たちに無条件の愛を与えてくれています。

 

私たちは幼い頃から、「他人のために自分を犠牲にする」ことを美徳だと教えられました。しかし、この犠牲心は、天意に反するものです。自己愛があって初めて、「他の人を助ける」ことができるのです。

 

自己愛(「自分を愛すること」)は全ての始まりです。

この自己愛とはなんなのでしょうか。これがよくエゴの利己主義と勘違いされることがあります。これは、ある意味では真逆です。利己主義は自分自身しか見えません。自己愛は、それをすることによって初めて他人に目を向けてあげられることです。

 

自己愛とは

自己愛とは、自分自身への赦しと受け入れ、自分自身を無条件で愛してあげることです。

 

無条件の愛

自分自身は、仕事、肩書き、学歴や財産・結婚などがなければ、完全ではなく幸せになれないと思っているとしたら、自分自身を条件つきで、愛していることになります。無条件で愛するとは、それらの外からの条件がなくても、自分自身は完全で幸せだと感じられるうちから湧き出てくる世界です。

 

自己愛とは、外からの条件がつかなくても自分自身を受け入れ無条件で愛してあげることです。悲しみに打ちひしがれている時に自分を責めないでいつも自分のそばにいて悲しみを共有し理解してあげる存在です。一切のジャッジを入れないで心の重みを軽くしてくれます。自分が自分自身の最大の友になってあげられた時に、内なる(大いなる存在である)自分とつながることができます。心の欠乏感も消え、ゆるぎない存在になることができます。

 

自己愛があって初めて周りの人をも愛することができる

周りの全ての事象、人々は自分の投影です。自己愛をすることができて初めて周りの人をも無条件で愛してあげることができるのです。これは、私たちがこの世に生を受けた時からの大きな課題だと思います。

 

グリーンハウスホリスティックアカデミーでは、セラピスト教育に当たって心を考えます。体と心は繋がっています。心を理解することによって初めて体のヒーリングにつながるのです。詳しくは、こちらをどうぞ。

http://sjsk-japan.com/holistic-academy/